名古屋市昭和区「八事日赤」駅直結 耳鳴り・難聴・顔面神経麻痺ハリ治療専科 東洋医学研究センター

右突発性難聴

右突発性難聴

通院期間:1カ月 治療回数:10回 52歳 男性 

40日ほど前、朝起きたら右耳が聞えにくくなっていて、その日の夕刻、耳鼻科に行くと突発性難聴と診断され、毎日通院しての点滴治療を始めました。ところが、1週間、休診日を除いて点滴を行ったのに聴力検査を行った結果は、何の異常もないとの診断結果で、このままでは回復が見込めないと判断し、自分でインターネットを検索して、東洋医学研究センターを見つけました。早速、予約を入れ、鍼治療を開始するとともに、河合先生推奨の耳つぼマッサージを毎日行いました。

すると、2回目の治療を終えた以降から少しづつ右耳の聴力が回復し始めたことが実感でき、引き続いて通院していた耳鼻科での聴力検査の結果も明らかに上向いてきました。

現在までにちょうど1ヶ月、10回の鍼治療を受けましたが、9割がた聴力が回復してきたと感じています。耳鼻科での聴力検査の結果も正常な聴力の範囲に入ってきたと診断され、飲み薬だけの治療に切り替えられています。

ここまで聴力を回復できたのは、河合先生による鍼治療の成果だと断言できます。耳鼻科だけに頼らず、早く河合先生の元を訪れた自分の判断は正しかったと思っており、また、河合先生に深く感謝しています。

私は、今回の経験を機会ある都度、周りの人にも話していますが、広く同病でお悩みの方にも知っていただき、早く河合先生を訪ねていただきたいものだと心から思っています。

右突発性難聴
右突発性難聴

ご予約はお電話にて承ります TEL 052-833-5545

Copyright © Oriental Medicine Research Center All Rights Reserved.