耳鳴り・難聴・顔面神経麻痺ハリ治療専科 名古屋市昭和区「八事日赤」駅直結 東洋医学研究センター

右突発性難聴

右突発性難聴

通院期間:2カ月 治療回数:13回 38歳 女性 

右耳の中に蓋をされているような違和感があり、耳鼻科で突発性難聴と診断されましたが発症から時間が経っている為、薬では治りませんと言われました。

もともと閉所恐怖症もあり、耳が蓋されている閉塞感が我慢できず、ずっとこのままかもしれないと不安でいる時にインターネットで河合先生の鍼治療を知り、この閉塞感だけでも軽くしてほしい一心で通院しました。6回目くらいから少しずつ変化が見え、それから治療を重ねるごとに詰まった感覚が無くなっていきました。

一枚岩だった蓋が、だんだんとメッシュ素材になり、13回の治療を終わった頃には完全に違和感は無くなりました。こういうことがなければ、日常を漫然と生きていたところですが日々小さな良い事を見付け、幸せを感じ、心と体を大事にすることの大切さに気付きました。

河合先生、本当にありがとうございました。

右突発性難聴
右突発性難聴

ご予約はお電話にて承ります TEL 052-833-5545

Copyright © Oriental Medicine Research Center All Rights Reserved.