耳鳴り・難聴・顔面神経麻痺ハリ治療専科 名古屋市昭和区「八事日赤」駅直結 東洋医学研究センター

左低音障害型感音難聴・耳鳴り(耳鳴症)・耳閉感

左低音障害型感音難聴・耳鳴り(耳鳴症)・耳閉感

通院期間:3カ月 治療回数:16回 59歳 男性

約1年前の事、突然左の耳に違和感を感じ耳鼻咽喉科を受診。低音障害型感音難聴と診断され服薬治療を開始。

1週間程で症状は改善されましたが、体調を崩し発熱したのをきっかけに再発、耳の症状がぶり返しました。

その後、約半年間耳鼻咽喉科に通院しましたが、耳鳴り・閉塞感は改善することなく、医師からは完治が難しいと言われるようになり辛い毎日を過ごしておりました。

そんな中、ネットで知った“東洋医学研究センター”を訪問、カウンセリングを受け自信に満ちた河合先生の鍼(ハリ)治療に望みをたくしました。

鍼(ハリ)治療が進むにつれ、耳鳴りや閉塞感が徐々に気にならなくなり、通院12回を超える頃、聴力検査の結果も良くなっていきました。

今では一生付き合っていかなければならないと言われていた耳鳴りも無く、以前のような生活を取り戻すことが出来ました。

先生、本当にありがとうございました。

患者の声 左低音障害型感音難聴
左低音障害型感音難聴

ご予約はお電話にて承ります TEL 052-833-5545

Copyright © Oriental Medicine Research Center All Rights Reserved.